港区社長シュナイダーが人間・社会・教育について論じているブログ

管理人略歴 会社経営者/法学士(京都大学)/港区タワマン在住/英検1級/元Z会マスターコース講師

やたらと日本の危機を煽る人

「『日本がスゲー』なんて言ってるようじゃやばいよ」

「中国やインドに比べたら日本なんてめちゃくちゃ発展スピードやばいよ」

「日本なんて20年ぐらいほとんど成長してないんだから」

etc

 

こういった「日本悲観論」を発信して悦に入る方は一定数いますが、ただの自己満足です。

 

別にこういうことをおっしゃる方の言ってることが激しく間違ってるというわけではありません。

 

ただ、私が逆に聞いてみたいのは、「地理的歴史的に今の日本より問題がない桃源郷っていつどこに存在したんでしょうか?」という問です。

 

アテネローマ帝国光武帝の時代の中国、徳川時代の日本etc

 

古今東西を問わず、「問題のない社会」など存在したことは一度もないわけです。

 

別に今の日本が超特別ヤバイという事はありえません。

 

だいたい人は自分が生きてる時代と国しか経験できないわけですから、何を根拠に「今の日本が諸外国と比べてめちゃくちゃやばい」と断言できるのでしょうか?

 

GDPや経済成長率だけを持ち出して新興国と比べて日本がヤバイなんて当たり前じゃないですか?

 

逆に中国やインドも今のスピードで永遠に発展するはずがありませんし、そんなペースで発展したら地球環境に大きな影響があります。

 

というか、私よく言いますけど、そもそも宇宙の歴史の中で生物が存在していること自体が奇跡なわけ。

 

物質が本当に「たまたま」うまく集まり何とかわれわれは生物として生きてるわけですが、宇宙の歴史から見て、一瞬でも水やタンパク質といったものが超絶妙にくっつき、「意識」が生まれ、なぜかわれわれは「生きている」という感覚を持てるわけです。

 

当たり前のようで、太陽系・宇宙といったレベルで考えたときに、これはミラクルであり奇跡です。

 

こんなレベルで考え始めると、そもそもいつ地球に隕石が落ちてくるか分かりませんし、地球の自転速度もだいぶ遅くなっているというのは有名な話です。

 

中国やインドに比べて日本がヤバいって?

 

大丈夫。

 

自然世界において貨幣とかなんの意味もありませんし、だいたい皆さん心配しすぎですよ。

 

保証します。

 

死ぬ事はないですから、日本にいたら。

 

健康に生きていたら、いくらでも楽しいことはありますよ。

 

これだけインターネットで無料のレジャーがいくらでもあるわけですから。

 

私は別にお金があるから将来が安心なんじゃなくて、自分のメンタルに圧倒的な自信があるから将来が安心なんです。

 

いや、厳密には、台風とか津波とか隕石とか「自然界」のレベルでのディザスターには対応できませんが、「人間界」が少々やばくなろうが絶対に生きることはできると思ってますし、生きていれば何とかなると思ってますから。

 

人間界なんて所詮我々と同じ人間が何かやってるわけですよ。

 

どうにかなるに決まってるでしょ、五体満足で健康で頭が普通に動くならね。