港区社長シュナイダーが人間・社会・教育について論じているブログ

管理人略歴 会社経営者/法学士(京都大学)/港区タワマン在住/英検1級/元Z会マスターコース講師

標準語か東京弁か

私は半分東京で半分関西で育っているので、東京が大嫌いな関西人も関西を馬鹿にしてる東京人もあまり好きではないのですが、だいぶ昔「東京弁」という話で小さい小さい争いことが起きました。


「あんた東京弁やなあ」


「は? これ標準語じゃん。 何言ってんの?」


要するに、東京の若者言葉が東京弁なのか標準語なのかという話です。


私は政治学を専攻していましたから、差別やジェンダーなどについて敏感なクチですので、「標準」という言葉にはどうも違和感を感じてしまいます。


思想史に詳しい方であれば、デリダフーコーポストモダン思想、ウォーラーステインの世界システム論(中心と周辺)あたりを想起していただけばわかりますが、「何が標準か」というのは極めて恣意的です。


世界レベルで言えば、「たまたま」アングロサクソンが世界を席巻して英語がデファクトスタンダードになってしまいましたが、スワヒリ語も日本語も英語も、本来的には等しい価値があり、英語が「標準」語というのもおかしな話です。


私も人生で英語の勉強に1万時間は費やしたでしょうが、アメリカやイギリスの子供はこんなことをしなくていいと思うと、何とも言えない不条理を感じます。(が、仕方ない)

 

日本国内でも、徳川さんのおかげで「たまたま」東京が首都になっていますが、東京は「東の京都」と書きます。

 

京都の人間は、みやこ千年、京都こそが日本の中心だと思っています。

 

東京の言葉は「標準語」ではなく「共通語」と言うべきでしょう。(し、既にそういった表記もありますけど)

 

男性と女性。
西欧と非西欧。
健常者と身体障害者
同姓愛者と異性愛
東京とそれ以外。

 

「標準」と「非標準」が我々の無意識のレベルまで入り込んでいるというのが、デリダフーコーの視点なわけですね。

 

興味がある方は、解説本をご覧ください。