HKの徒然草

辣腕会社経営者が、人間や社会について論じています。京都大学法学部在学中に起業し、現在は代官山アドレス在住です。特技は語学で英検1級。

自慢は情けない

私は基本的に「自慢」はダサいと思っています。

 

それは別に「自慢するのははしたない、もっと控えめでいないと」といった高い倫理観によるものではなく、何かを自慢してるというのは「それが自分にとってデフォルトではない」と自分のショボさをアピールしているということになるのです。

 

たとえば、寿司久兵衛やロブションといった高級レストランに当たり前のように行っている人は、Facebookでわざわざ「ロブション行きました!イェーイ!」などとアップしたりしません。

 

「ロブションがデフォルトではない」から嬉しくて嬉しくて仕方なくわざわざアピールしてしまうわけです。

 

タワーマンションのパーティーの様子をFacebookにのせたいのも、「本来タワーマンションに住めなかった自分が、何とかがんばってタワーマンションに住めるようになった」からこそであり、孫正義ビルゲイツが同じような自慢をするとは思えません。

 

「当たり前じゃない」からこそ自慢したいわけです。

 

一流大学の学生でやたらと調子に乗っている大学生がいますが、大変申し訳ないですけど、そこの学生であることを無駄に誇りに思っている時点で、そこまで学業優秀ではなかったということを自ら告白してるようなものです。

 

私の友人で「余裕」で東大理3に受かった人間などは、「朝ごはんを食べるように理3に受かっている」ので、自分の中ではそんな事は自慢でも何でもないため非常に謙虚です。

 

東大でも京大でも早慶でも、「能力の割にやたらとがんばって入学した」からこそ、そこの学生であることが自慢で自慢で仕方ないのです。

 

電通三菱商事といった小金持ちのサラリーマンが粋がって入ると、億単位で稼いでいる経営者から見るとかたはら痛いですが、結局「自分にとって一流企業が自慢」なのは自分がその程度の人間だということです。

 

孫正義ビルゲイツなら「雇われ」であることをむしろ恥じるでしょう。

 

ちなみに、私も自宅のタワーマンションの話をしますし、youtubeでは高らかに過去の自慢話が書いてありますが、これは自己弁護しておくと意図的に視聴率を上げるための作戦であり、まさかそんな浅い自慢をして悦に入るほど自分はくだらない人間ではないと思っています。(が、他人からどう見えるかはわかりませんけど)

 

f:id:HK2125:20170620003656j:image

 

少なくても私はリアルな世界で意味のない自慢などは基本的にしません。

 

繰り返しますが、「自分にとって当たり前の事」はわざわざFacebookで自慢したりする必要はないわけです。

 

「うちは蛇口をひねると水が出るんだよ」

「うちは正月お雑煮なんだよ」

なんて誰も言わないでしょう?

 

ちょっと自慢だと思ってるから、わざわざ人に言ってしまうわけですが、一段上のデフォルトが高い人間から見ると非常に滑稽なのは言うまでもありません。

 

ですから、私は高い倫理観などではなく単純に処世術としてあまり自慢話などはしないほうがいいと思っています。